明洞餃子 명동교자、深いスープと温かい麺が思い浮かぶ時は

韓国人の韓国
明洞餃子 명동교자、深いスープと温かい麺が思い浮かぶ時は

韓国旅行のスケジュールに明洞が必ずなければならない理由

現在、韓国は外国人観光客であふれている。 今年初めから本格的にエンデミックに入り、観光が再び活性化し始めた。 今はソウルのどこへ行っても外国人観光客に出会うことができる。

1年前までは商圏が死んで心配だと言っていた明洞も活気を取り戻している。 写真からも感じられるように、足の踏み場がないほど訪問客の足が絶えない。 賑やかなところに行くと、エナジェティックな雰囲気を感じることができて良いが、短時間で気が抜ける経験ができる。 それでも韓国旅行を計画中なら明洞に必ず立ち寄ることをお勧めする。 その理由は一つで十分だ。

明洞餃子 명동교자

どこでも味わえない特別な食堂

明洞餃子(명동교자)は1966年から定着している大韓民国唯一無二のカルグクスとギョーザの美味しい店だ。 濃厚で深い鶏肉スープで作られた明洞餃子(명동교자)カルグクスには、炒めた玉ねぎと肉の薬味が載っている。 ここに明洞餃子(명동교자)の象徴ニンニクキムチが加わると、ファリョンジョムジョンだ。

明洞餃子

外国人観光客だけでなく、韓国人もかなり多く訪れるだけに、グローバルな味覚を虜にしたレストランだ。 韓国人である私も深いスープの味を思い出すたびに訪れる方だ。 また、10,000ウォンというカルグクスの価格は現在の韓国の物価水準を考慮すれば高い方ではなく、注文するやいなや料理がすぐに出てくるという長所がある。

2人が訪問するなら、カルグクス1つ、ビビン麺1つ、餃子1プレートの組み合わせをおすすめする。 ただ、ビビン麺は冷気が強くて寒い冬に食べると体が少し冷たくなることもある。 下記のいくつかの訪問チップがお役に立てば幸いである。

明洞餃子

訪問チップ

  1. 替え玉とご飯は食べ放題(ニンニクキムチも)。

  2. 週末訪問の際、ウェイティングが長く、オープン時間に合わせて早めに行けば良い(それでもウェイティングがある)。

  3. 1人で来たとすれば、ウェイティング時間を大幅に減らすことができる。

📍明洞餃子 本店 명동교자 본점 : ソウル特別市中区明洞10ギル29 서울 중구 명동10길 29

✔️ OPEN 10:30AM、LAST ORDER 8:30PM

韓国人として観光客で賑わう明洞の街を見ると、精神はないが気分が良くなる。 初めてコロナ以前の人生の姿を取り戻した感じがするからだ。 もし明洞というところが陳腐で慌ただしい観光地と認識され訪問をためらっているならば、明洞ギョーザの存在一つを見て立ち寄ってみるところも悪くない選択になるだろう。

著者 | ソウルに居住する平凡な会社員

Share article
RSSPowered by inblog