Nov 12, 2023

アーモンド帝国HBAFの歴史

深みのある韓国旅行ブログ
アーモンド帝国HBAFの歴史

1. 概要

大韓民国のナッツ企業であり、当該企業で販売しているナッツ加工品ブランド。 2015年1月に発売されたハニーバターアーモンドの大ヒットを皮切りに有名になったブランドである。[1]

2021年までHBAF[2]は「(株)吉林洋行」で作ったナッツ加工品ブランドだったが、2022年に社名をブランド名と同じく「(株)バフ」に社名も変更した。

2. 歴史

吉林洋行[3]は1980年代からアーモンドの輸入および納品を担当してきた。 元々アーモンドは国内農産物保護のための輸入禁止品目だったが、米国の貿易圧力で栗輸出のために毎年少量持ち込むことになり、これを吉林洋行が独占輸入した。

しかし、数年経っていない1990年代アーモンド輸入規制が解除され、これまで吉林洋行からアーモンドを納品されていたロッテ、オリオン、CJなど大企業が直接輸入に乗り出し、吉林洋行は急激に収益が悪化した。 06年、代表取締役だった尹泰源(ユン·テウォン)会長はナッツ製品製造設備事業で垂直系列化を狙ったが、脳梗塞で倒れ、工場を完成することもできず、100億ウォンの借金だけを息子の尹文鉉(ユン·ムンヒョン)氏に残すことになる。

成均館大学校経営学科出身のユン·ムンヒョン代表は大企業下請けでPB商品を作って危機を乗り越えたが、まだブルーオーシャンだったナッツ加工食品の将来を見てバターと蜂蜜などシーズニングを施したアーモンドを開発する。 油で揚げずに焼く方式なので流通に有利だったが、シーズニングをつけて冷やす過程で品質を維持するノウハウを得るのに多くの時間と開発費をかけた。

2014~2015年ヘテ製菓食品が開発したハニーバターチップの爆発的な人気で、GS25でハニーバターアーモンドの2週間納品期限を与え、吉林洋行は納期を守ってハニーバターアーモンドは羽が生えたように売れた。 当時、ハニーバターチップ大乱の代替品として人気を集めた。 その後、吉林洋行はキャラメル味、わさび味など多様な味の後続製品を開発し、大ヒットし、ブランドを知らせた。 さらに、アジア圏10ヵ国あまりに輸出も開始した。 2019年11月には明洞にフラッグシップストアをオープンした。

2020年にブランド名を従来の「トムズファーム(Tom's Farm)」から「バフ(HBAF)」に変更し、2021年2月にはチョン·ジヒョンを広告モデルに起用した。 ブランド認知度とモデルパワーの相関関係に対する良い事例として挙げられる。

2022年からはハン·ソヒにモデルを変え、会社の商号名を「吉林洋行」から「HBAF」に変更した。

[1] 2014年8月に発売されたハニーバターチップ熱風のミートゥー商品だが、かなり売れたようだ。

[2] HBAFは「ハニーバターアーモンド&フレンズ」の略字に「Healthy But Awesome Flavors(健康でおいしい味)」という意味を付けてブランド化したもので、「バフ」と読む。 Hは黙音だ。 広告にそのように出てくる。

[3] 1982年に設立されたナッツ卸売企業吉祥寺を1988年に買収し、「吉林洋行」という名前に変更した。 2021年からブランドと社名統一の一環として「バフ」に変えた。 マーガボンが独占輸入していたブルーダイヤモンドは現在、同社が独占輸入している。

出典: ナムウィキマネートゥデイ

Share article
RSSPowered by inblog